山田記念ロードレース

送られてきた。

う〜ん。

無理(笑)





終わった( ºωº )チーン…。

最終日

最終日は

宮島へ
走る

連休だった為か・・・

激混み
もやもや



島に渡る為の

フェリー乗り場も

スゴイ人・・・



干潮が昼近くで

鳥居まで歩けると言うが…


しばらくすると

潮が引いて・・・


帰りのフェリーから

見たときには

人だかりが!!!


とにかく激混みに

疲れ果て(笑)

秋田へ向かいます!

帰りは慣れたのと

大阪方面を避け

舞鶴方面で帰ったのが正解!

15時間で来ました。

また行きたいな〜広島。

ちなみに

太○の母親はおりませんでした(笑)

おかぁ〜さ〜ん!








 

納得

新井家の墓は

島の段々畑がある

見晴らしの良いところ

にありました。



よねきっちゃんの

次男の子が

(俺のいとこにあたる人)

墓守しておりました。


よねきっちゃんも

この墓に入ると思って

自分の名を

墓に刻んでいたんだけど・・・

遠い秋田の地で

やすらかに眠っております。

なぜ?次男が

この地へ戻ったのか?


(米吉は息子全員を秋田に引き連れて来たのですが・・・)


理由は…

話が長くなるので

ここでは書かない事とします(笑)

次回は

最終日にて、つづく。







 

とある、島にて

なにをしに行ったかと?

実は、よねきっちゃん(祖父)の

父親が眠るご先祖様の

墓を拝みに?

観光がてら訪れたのです。

よねきっちゃん(祖父)は

秋田の地にて、

人生を終えた訳ですが・・・

だったら、それまでの親、兄弟は?

だれが墓守してるの?

と・・・・

そんな素朴な疑問からの(笑)

ルーツを探る旅なのです。


島をつなぐ橋からの写真↑

20年前くらいまでは、橋は無くて・・・

船で行き交いしていたと思われます。

左奥が本土で、数キロしか離れてない島。



手前が海で

後ろが、みかんの段々畑という良いところ

海を挟んで本土となります!

この島の反対側から

見る島?は四国になりますね。

つづく






 

初日

木曜の夜10時に

秋田を出発!

17時間をかけ

金曜日の午後3時に

呉のホテルへ

チェック・イン。

かなり疲れていたけど・・・

戦艦大和ミュージアムの近くなので

徒歩にて

入館(笑)



かだいぃ〜♪

その後は駅前の居酒屋にて

飲むのだけど・・・



明日の墓参りと

疲労と

緊張で

K・Oしました(笑)


つづく

 

つづき

片道1200KMくらい(笑)

途中交代しながら汗

進むけど・・・

仕事終えてからの

夜10時に

出てきたもんだからもやもや

眠いZZZ 眠いZZZ

到着が次の日の夕方予定

まぁ、高速オンリーだから

迷うこと無いけど汗

途中、寄り寄りの

17時間かかりました(笑)





シャア専用オーリス 発見!

都会は、手に汗汗

京都〜大阪〜神戸と

ここいらへんは

ゆるぐね(笑)


つづく











 

旅にでてきました・・・

おか〜さん探しの旅じゃなく

今回は

自分探しの旅(笑)

自分のルーツを確認すべく

広島の

とある

瀬戸内海の

小さな島


20数年前に一度

行ったが

覚えちゃいない

だから

もう一度

見ておきたくて・・・

つづく


 

なぜ、走るの?

痛いのに・・・
苦しいのに・・・
ねぇ〜(笑)

なぜだろう(笑)

今日は南通りコース


その後、前から見たかった映画を鑑賞


う〜ん。



 

若美走り納め駅伝競走大会

初めての参加

しかも駅伝

順位は、さすがにレベルの高い大会だけあって

下から数えた方が早いのですが・・・

それぞれが、大会にむけて挑み

それぞれの思いで、タスキを絆ぎ

たぶん、皆それなりの達成感と

もっとやれたんでは?との反省と(笑)

俺は

自分に負けた

でも、日はまた昇る

RISING SUN



  なんか…皆には、『ありがとう』 しか言えません
ありがと------------

ついに来たーーーーー。

どこかで見た看板 

それなりにやった・・・

あとは、ベストをつくすだけ・・・

なんか少し・・・

体が引き締まった気が・・・

気が・・・(笑)